003473

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
カラシン・メダカ

 この掲示板はカラシン・メダカの仲間の図鑑です。
 カラシンの仲間は、名前に"カラシン"、"テトラ"、"ペンシル"などが含まれていることが多いです。ただ、種類が多いですので、それ以外の名前がついている魚も多数います。
 熱帯のメダカの仲間は、"グッピー"が非常に有名ですが、そのほかにも、"プラティ"、”モーリー”など、他にも種類がいます。また、卵生メダカの仲間で、”アフィオセミオン”、”ノソブランキウス”など、聞き慣れない単語が名前に含まれているメダカも多種存在します。
 ただ、クロメダカや、ダルマメダカなど、日本のめだかの仲間は、ここではなく、日淡魚の図鑑のところを見てください。

・魚などの名前の一覧を見たい場合には、”トピック表示”をご利用ください。
・主に写真を見たい場合には”アルバム”をご利用ください。
・この掲示板図鑑に登録されている魚やコメントを調べるときにはワード検索をご利用ください。

※当図鑑(掲示板)はスパム対策を施してあります。そのため通常のご投稿であっても、スパムと判定してしまっている場合がすでに何度か見受けられております。善意でご協力いただいているのに、非常に失礼をしており、申し訳ありません。その場合には、雑談・連絡掲示板や、管理人へのメールに、その旨書いていただければ対処したいと思います。
また、サイトをリンクするためのアドレス(URL)の審査が結構厳しくなっております。魚などの参考になる他サイトを紹介するためにアドレスを書き込んでくださった場合に、スパムと判定されることが多いようです。もしもそのような時には、アドレスを書かないでいただきますと、投稿できる場合があると思います。スパムを排除するという掲示板の性質上、色々とお手数をおかけすることになりまして、申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。

1紅蜘蛛  / 2ハセマニア  / 3レッドテトラ  / 4カージナルテトラ  / 5ラミノーズテトラ (1) / 6コンゴテトラ  / 7ネオンテトラ (2) / 8プリステラ (1) / 9ペンギンテトラ (2) / 10ファルゴテトラ (4) /



◆ 紅蜘蛛 投稿者:紅蜘蛛 ホームページ  引用する 
紅蜘蛛はスペインから生まれた超強力媚薬です。そして、無色無味の液体で、各飲料やアルコール類、お湯によく溶けます。

2017/06/24(Sat) 16:27:41 [ No.25 ]

◆ ハセマニア 投稿者:TAO  引用する 
名前:ハセマニア
別名:シルバーチップ
学名:Hasemania nana
体長:3cmくらい

ネオンテトラやアカヒレなどと混泳していましたが、結構気が強くて特に同種同士でフィンスプレッディングしてました。
黄色っぽい体色のものと赤っぽいものがいましたが、恐らくオスとメスの違いだと思います。

夏には30℃を超える事も良くありましたが、特にエサ食いが落ちることもなく元気でした。


2010/10/13(Wed) 21:45:37 [ No.22 ]

◆ レッドテトラ 投稿者:SPEED★KING  引用する 
名前:レッドテトラ
別名:ルビーテトラ、ファイアーテトラなど
学名:Hyphessobrycon amandae
分布:アマゾン川
全長:2cm

小型カラシンの中でも最小の部類に入る超小型種。環境に馴染むまでに若干時間がかかる印象がありますが、飼育自体は他のネオンテトラやカージナルテトラ同様で問題ありません。
レッドファントムテトラのようなゴージャスさはありませんが、飼い込むと体は朱色に染まって大変綺麗になります。

性質は温和・臆病なので、本種を捕食したり、イジメたりしない温和な種類であれば同種・他種を問わず混泳可能ですが、水草などの茂みがあった方が安心するようなので、育成が簡単な水草をある程度は入れた方が良い結果を得られると思います。
サイズが小さいので、我が家では人工飼料を細かくしてパウダー状にしたものを与えています。


2010/05/23(Sun) 11:46:04 [ No.21 ]

◆ カージナルテトラ 投稿者:SPEED★KING  引用する 
名前:カージナルテトラ
学名:Paracheirodon axelrodi
分布:ネグロ川
全長:4cm

ネオンテトラと並び人気の高い小型カラシンで、水草水槽にも、そうでない水槽にも数匹泳がせるだけで華やぐ定番種。
ネオンテトラに比べると、ほんの少しだけ弱いというイメージがありますが、ラミーノーズテトラが綺麗に発色している水槽なら問題なく飼育できるでしょう。
うちでは5cmのラミーノーズテトラとほぼ同じ大きさの個体が1匹います。環境や餌によっては大きくなることもあるということなのでしょう。
水槽内での繁殖は難しい種ですが、ようやく養殖技術が確率されつつあるようです。今後はブリード個体が中心となるのかも知れません。


2010/01/03(Sun) 20:33:54 [ No.20 ]

◆ ラミノーズテトラ 投稿者:  引用する 
テトラの仲間ですが〜顔面の赤みがポイントです。
調子のいい個体は赤みが強いのです。
ですが、朝一番は皆色が鈍い。起きぬけが駄目みたいですね。


2009/09/02(Wed) 16:42:23 [ No.17 ]
◇ Re: ラミノーズテトラ 投稿者:ゆやゆよん  引用する 
我が家でも群泳させてます。調子が良いと頭部が深紅に染まり尾ヒレのストライプも鮮やかになります。水質は弱酸性が適しているらしく、発色もいいですね。繁殖もします。我が家では5匹が20匹以上に増えました。体長は5cm位で寿命は2〜3年ってところですかね。
ネオンテトラと比べると地味ですが、綺麗に発色させて群泳させると息を呑む美しさがある魚です。だけど綺麗に発色させるのがなかなか難しいんですけどね。


2009/11/24(Tue) 01:11:23 [ No.19 ]

◆ コンゴテトラ 投稿者:  引用する 
この魚はテトラの中では大型で8CMくらいまで成長します。
気も強いですよ。エンゼル相手に引きません(~_~;)
弱いものいじめはしないようです。
>なんでも良く食べますし、健康な子はいい色出してくれます。


2009/09/02(Wed) 16:45:26 [ No.18 ]

◆ ネオンテトラ 投稿者:猫丸(管理人)  引用する 
 熱帯魚界を代表する有名な魚です。熱帯魚を飼ったことも無い方でも名前ぐらいは知っている。そのくらい知名度が高く、様々な場所で飼われています。そのため流通量も多く、とにかく値段が安く(1匹10円というのを見たことがあります)、どこでも売ってて、綺麗でと、かなり優秀なお魚です。ちょっと水質変化には弱い面もあるようですが、気になるほどではないです。丈夫さで言うなら、コイの仲間に一歩譲ると思いますが、それでも飼うのに特別な配慮は必要ありません。人工餌にも慣れますし、穏和で、他の魚に危害を加えることはまずありません。値段が安いのでかなりの数をそろえることが容易で、群泳させるとさらに美しく水槽を飾ってくれます。
 入手しやすさ、飼いやすさ、見た目の美しさから、入門魚として紹介されることも多く、この魚を熱帯魚飼育の出発点としているアクアリストも少なくないと思います。そういう手軽さからか、存在を軽視されがちなのが残念なところでもあります。


【通称】 Neon Tetra(ネオンテトラ)
【学名】 Paracheirodon innesi
【分布】 アマゾン川
【体長】 4cm
【水温】 20〜28度
【水質】 中性から弱酸性

ネオンテトラの名前の由来ですが、ネオンとは元素の名前ですが、ネオン灯などの明かりを意味していると思われます。つまり、ネオンテトラの体色をネオンサインの見事な発色に例えているのでしょう。次にテトラですが、カラシン目のカラシン亜目のカラシン科の魚につけられることが多い名前のようです(調べが足りずに申し訳ないです)。テトラというと、ギリシャ語で4という意味がありますが、それとの関係はいまいちよくわかりません。とりあえず、ネオンサインのように美しく輝くカラシンという意味でしょう。
 学名のParacheirodon(パラケイロドン?)というのはネオンテトラの仲間(パラケイロドン属)を示しています。同じ属には、カージナルテトラとグリーンネオンテトラがいます。どれも穏和で飼いやすく、有名な種類ですね。
 ネオンテトラが生息しているのはアマゾン川、上流の方にいるようです。昔はワイルドものを採取してきた個体ばかりだったので、ものすごい高値で取り引きされていたようですが、現在は東南アジア、香港などで養殖されたものが輸入されるので、非常に安価になっています。ですから、店頭で見られるネオンテトラのほとんどが、ふるさとのアマゾン川など知らずに育った魚たちということですね。
 水温、水質共に多数の淡水熱帯魚の飼育環境と一致しますので、混泳に問題はないでしょう。熱帯魚飼育の初心者が一番最初に導入する魚として有名ですが、後々軽視されがちなのが非常に残念なところです。また、安価なことからパイロットフィッシュとして使い捨てのように扱われている状況も心が痛みます。個人的にはもう少し高く評価されても良いような美しい魚だと思います。
 性格は穏和で、個体差もあまり大きくはないようです。よほど小さなもの(稚魚や卵)でない限り、食べてしまうようなこともないようですので、これほど混泳向きの魚も居ないように思います。

■ネオンテトラについてもう少し詳しく
 ネオンテトラはカラシン目、カラシン亜目、カラシン科、テトラゴノプテルス亜科、パラケイロドン属の魚です。カラシンの特徴は円形の鱗、背鰭の後ろに脂鰭を持つことなどが挙げられます。分布域はユーラシア大陸以外の大陸、特にアフリカと南米に多いようです。カラシン目にはカラシン亜目とエリスリヌス亜目があり、カラシン亜目にはいくつかの科があり、カラシン科には170の属があります。ですので、全部を列挙するのは到底無理です。というか、説明しつつ自分でもわからなくなってきました。とにかく、その中のパラケイロドン属にネオンテトラは属しているわけです。

■ネオンテトラの魅力
 何はともあれ、あの色ですね。背中に走るメタリックブルーに尻側の赤、そして腹側の白。その3色が織りなす絶妙な美しさは数ある熱帯魚の中でも際だっていると思います。しかも光の当たり方によって微妙に色合いが変化します。単純に綺麗です。それと、容易に群れてくれることでしょうか。ネオンテトラを水槽にたくさん入れると、群を作って泳いでくれます。作ってくれないときは少し大きめの魚を混泳させると、危機意識からか群れてくれることが多いです。とにかく、一匹だけでも美しいところを、群れて一度に方向転換したときの美しさといったら、たまらないものがありますね。良くテレビの自然番組なんかでやっている海洋魚が一斉に向きを変えて逃げるシーンなんかが水槽の中で展開されます。それを見ているとため息が出ますね。

■ネオンテトラの体の特徴
 体長は最大で4センチ程度、2センチぐらいの大きさから店頭に並んでいるようです。体高、体幅共にそれほど大きくなく、普通の魚体型(いったいどんな体型でしょう?)をしています。鼻先から目の上、背中を通って尾鰭の付け根までメタリックブルーの線が入り、顎から腹を通って尻の手前ぐらいまでが白(鱗色)、その後ろから尾鰭の付け根までが赤に色分けされています。鰭は背中側が前から背鰭、その後ろに小さな脂鰭、尾鰭、腹側が左右に胸鰭、腹鰭、尻鰭がついています。尻鰭が比較的大きく、背鰭と共に広げるとなかなか格好良いです。鰭は全て透明です。暗いところなどにいると体色が抜けたような色になりますが、明るいところに出てきて数分で元の色に戻ります。また、老化などでも体色は褪せていきます。

■ネオンテトラの性別
 成熟すると、メスの方がオスよりも一回りほど大きくなるようです。幼魚の段階で区別するのは難しいです。繁殖期になると、メスは腹部にオレンジ色の卵を抱えるので、それで判別することも可能になります。

■ネオンテトラの産卵、孵化
 水草の茂みに産卵したり、水槽内に卵をばらまくように産み付けたりします。繁殖の簡単な卵胎生メダカの仲間ほどではないですが、水槽内での産卵も比較的容易に見ることができます。しかし、孵化した稚魚が非常に小さいため、他の魚に捕食されやすく、また餌を与えるのも難しいので稚魚を育てるのはなかなか困難なようです。きちんと卵の段階から隔離するなどの設備と配慮があれば、繁殖させることもできるようです。

■ネオンテトラの寿命
 飼育環境にも寄りますが、1年半から2年程度。3年以上生きればかなり長生きではないでしょうか。

■ネオンテトラの飼い方
 ネオンテトラだからといって特筆することはありません。中性から弱酸性の水質で他の熱帯魚を飼育する場合と同じようにすれば問題ありません。20センチクラスの小さな水槽から飼育が可能です。ただ一つ気をつけないといけないことは、混泳する相手についてです。ネオンテトラは体も小さいですし、性格もおとなしいですから、滅多に他の魚に危害を加えることはありません。せいぜい、成熟したネオンテトラが、卵や小さな稚魚を食べることがあるかどうかといったところでしょうか。ですが、問題なのはネオンテトラよりも大きな魚との混泳です。ネオンテトラが口にはいるくらいの魚との混泳はあまり好ましくありません。エンゼルフィッシュなどでも、大きくなるとネオンテトラを捕食するようになりますので、混泳の際はなるべくネオンテトラと同サイズの魚にする事をおすすめします。

■ネオンテトラの病気
 ネオンテトラは他の熱帯魚がかかる病気にはほとんどかかりますので、それらの病気については特に書きませんが、ネオンテトラを含めた小型魚にかかりやすいネオン病について少し書きたいと思います。
 ネオン病はネオンテトラやカージナルテトラがかかることが多いのでその名が付いたと言われている病気で、体のつやがなくなり、やがて赤やブルーの色が抜けて白っぽくなるという症状が出ます。さらに進行すると、背骨が曲がる症状が出ることもあるようです。この病気ですが、残念ながらかなり致死率が高いようです。ネット情報ではこの薬が効いたとかいろいろあるのですが、統一的な治療方法を見つけることができなかったので書きません。ざっと調べた感じでは、特効薬も無いようです。しかも、この病気のやっかいなところは、伝染性があり、病魚を水槽に入れたままにしておくと他のネオンテトラにも感染する可能性が高いことです。ですから、この病気のネオンテトラを見つけた場合、治療と言うよりは、それ以上の病気の拡大をくい止めることを考える方が利口かもしれません。この病気の原因は、菌が寄生することによって引き起こされるのですが、それは水槽の水質悪化、環境の急変などのストレスなどでネオンテトラの状態が良くないときにかかることが多いようです。予防のために、常に良い環境の水槽を心がけることが大事です。

■ネオンテトラの欠点
 一応欠点を探してみたのですが、ネオンテトラを飼って特にこれと言って困ることは見あたりませんでした。大きくなることもなく、他の魚と戦うこともなく、病気にかかりやすいわけでもなく、餌を選り好みすることもなく…。強いて欠点を挙げれば、小さいので迫力がない。特異な行動をとったりしないのでおもしろくない。寿命が短い。などですが、どれもネオンテトラを飼えないほどの決定的な欠点ではありません。ある意味、飼育するにあたっては理想的な魚なのかもしれませんね。

■ネオンテトラの仲間
 最も近いパラケイロドン属には、カージナルテトラなどがいます。また、ネオンテトラの突然変異体を固定化した改造種も多数存在します。アルビノネオンテトラ、プラチナネオンテトラなどがその例です。


2009/03/29(Sun) 19:48:21 [ No.2 ]
◇ Re: ネオンテトラ 投稿者:猫丸(管理人)  引用する 
写真のみの投稿です。

2009/03/29(Sun) 23:12:22 [ No.4 ]
◇ Re: ネオンテトラ 投稿者:  引用する 
私もとても好きな熱帯魚です。
一匹で泳いでいても群れになっても綺麗な熱帯魚で、さらに水草水槽ではその綺麗さが際立つと思います。

今回投稿した写真を見てもらうと解ると思いますが ネオン・テトラ をpH5.5〜6.0、硬度0(測定誤差範囲)、導電率40μS程度の原産地に近い水質で安定的に飼育するとネオンブルーが一段と輝いて背ヒレの先が赤く、尻ヒレの先は白くハッキリと色づいてきます。
写真に映るのはこの程度の薄っすらですが実物は結構ハッキリ発色し健康状態によってさらに磨きがかかるように思います。


2009/07/12(Sun) 17:24:51 [ No.16 ]

[1] [2]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version - - mod by Necomaru -