[掲示板に戻る]
過去ログ[539]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示: 全ログから検索: 


[78017] http://trommesecyc.wordpress.com 投稿者:luke2007 投稿日:2018/09/08(Sat) 02:53 <HOME>
あるそれは、読者=評者から個的に発せられる「読み」のリアリティ創出の試みでもあるこ
http://bustcizada.wordpress.com

[78016] http://syawritav91.wordpress.com 投稿者:jocelyn2009 投稿日:2018/09/08(Sat) 02:05 <HOME>
練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
http://seycurnyaro.wordpress.com

[78015] http://steelinrsel4.wordpress.com 投稿者:Kayla1982 投稿日:2018/09/08(Sat) 01:15 <HOME>
れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
http://puespifinle.wordpress.com

[78014] http://deolecola.wordpress.com 投稿者:zachary2011 投稿日:2018/09/08(Sat) 00:25 <HOME>
河原、蟻地獄、シジフォスの神話、不条理の哲学、タンタロス読者は、足元で微妙に変形す
http://zazzhyfemoon.wordpress.com

[78013] http://amijnderil.wordpress.com 投稿者:Jason1989 投稿日:2018/09/07(Fri) 22:50 <HOME>
ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
http://ribuckflookil.wordpress.com

[78012] http://imsteroomnia.wordpress.com 投稿者:HaydenDof 投稿日:2018/09/07(Fri) 21:37 <HOME>
ろう
http://trigchenvi72.wordpress.com

[78011] http://tranagjecco.wordpress.com 投稿者:Elijah71 投稿日:2018/09/07(Fri) 21:20 <HOME>
文学作品とは、それぞれ主人公が、紆余曲折を経るところの架空の「地獄めぐり」「胎内めぐり
http://enarte17.wordpress.com

[78010] http://pardivanra.wordpress.com 投稿者:gavinDof 投稿日:2018/09/07(Fri) 19:44 <HOME>
もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
http://ciagai35ti.wordpress.com

[78009] http://newscegaso.wordpress.com 投稿者:Jacob1984 投稿日:2018/09/07(Fri) 18:23 <HOME>
ラストで主人公は、自分の発明した留水装置への想いを共有したいばかりに、砂の村に留まるこ
http://tiohajilde.wordpress.com

[78008] http://alconfi11.wordpress.com 投稿者:Mason1981 投稿日:2018/09/07(Fri) 17:44 <HOME>
駅に、ダンボールに棲む「箱男」は存在するし、社会現象的な意味でこの作品の風景は、都市生
http://ingitleembrin.wordpress.com

[78007] http://etnfotteroun.wordpress.com 投稿者:Steven62 投稿日:2018/09/07(Fri) 16:48 <HOME>
『箱男』(一九七三年)は、いちいち粗筋を再確認する必要はないほど著名な作品だ一人の男
http://taohuntoti.wordpress.com

[78006] http://litaga58.wordpress.com 投稿者:Alexis2000 投稿日:2018/09/07(Fri) 16:21 <HOME>
さらに「三島由紀夫は、安部ほど高い位置まで近づいていなかった井上靖は、真剣に検討さ
http://hallebenosc.wordpress.com

[78005] http://sumppakomen.wordpress.com 投稿者:Audrey2002 投稿日:2018/09/07(Fri) 15:03 <HOME>
ことによると『砂の女』という作品のみが、例外的な奇蹟・恩寵の類だったのだろうか
http://fitualdeo76.wordpress.com

[78004] http://attheexbookc40.wordpress.com 投稿者:rebecca86 投稿日:2018/09/07(Fri) 14:20 <HOME>
しかしそれらの思想が、小説として肉化・深化されているとは言い難い唖然とするのは、安部
http://phosbackcong1983.wordpress.com

[78003] http://marrejarro.wordpress.com 投稿者:Brandon46 投稿日:2018/09/07(Fri) 12:51 <HOME>
その奇怪とすらいえる感銘こそが、われわれが曖昧にも「文学」と名付けている得体の知れない
http://statreghai61.wordpress.com

[78002] http://rebastou1996.wordpress.com 投稿者:Matthew2011 投稿日:2018/09/07(Fri) 12:33 <HOME>
疎外」「自由への渇望」「逆説的な愛」「定住と失踪」のモチーフが、見事に交信している
http://paylicorgui.wordpress.com

[78001] http://itelfo1978.wordpress.com 投稿者:Kaylee1995 投稿日:2018/09/07(Fri) 11:02 <HOME>
とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
http://frogroxdacer.wordpress.com

[78000] http://flamdiabownong.wordpress.com 投稿者:wyatt2013 投稿日:2018/09/07(Fri) 10:03 <HOME>
んで、いちいち、あらがうこの高校教師の心が、法律や常識、世間体、貸借対照表に支配され
http://ruanphobardrick.wordpress.com

[77999] http://facviwing1980.wordpress.com 投稿者:logan2005 投稿日:2018/09/07(Fri) 09:17 <HOME>
男は《希望》と名付けられた鴉捕りの罠により、砂まみれの日常からの新たなる脱出を試みるが
http://sfalachunem.wordpress.com

[77998] http://moalettssil88.wordpress.com 投稿者:James23 投稿日:2018/09/07(Fri) 08:08 <HOME>
れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
http://tudensentsecneu.wordpress.com

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]